「代表・辰野の一言」№2 衰退する商店街に対する一言

 商店街の衰退は1985年より、私は「中心市街地が空洞化する‼」と提唱していました。その対策として、個性豊かな集合テナントビル「アークス」を建て現在に至っています。30年もたつとテナントの内容が5軒あったブティックがなくなり、全て「食」のお店に変わりました。時代と共に動いているのです。週に2回は、お店の前にテントを出し、花や野菜、小物雑貨等の出店協力をしながら、賑わいを創出して地域の活性化につなげています。

 

  保険会社「アークス保険のみなおし窓口」もアークスの一画に店舗をかまえ、9社の生命・損害保険の内容をお客様のライフスタイルに合わせて、提案させて頂いています。保険は、生活や企業活動に於いてリスクを補足するための責任のある重要な仕事です。会社の理念に「お客様の満足・笑顔をもって仕事の喜びとする」とあり、スタッフには「保険は売るものではない‼」と豪語しています。お客様が増え、保険契約が多くなっているのは、9社のバックアップがあって、保険のみなおしをして、家計費の削減を手助けさせていただいているように、お客様の身になって考え、本当にお客様が必要な保険を提供する為、クオリティーの高い仕事をする姿勢が伝わっているからだと感じています。

 

 同業者でも他業者でも利益ばかり考えている人、人格が素晴らしい人など千差万別です。とかく人間は、目先の利益を考えてしまいがちですが、次世代に受け継がれていく長い歴史をを考え、真剣に人生を生き抜く人になるべきである事を肝に命じ、責任をもって皆様の誇りのもてる時代をつくりあげていければと考えます。