blog> 南房総コラム

電光掲示板に「外出自粛」

IMG_20200424_0002館山署 移動交番で来訪者に呼び掛け

新型コロナウィルス感染拡大を防ぐために館山署は、移動交番車を使い来訪者などに外出自粛を呼び掛けている。

緊急事態宣言が発令されたことで、県知事から不要不急の外出自粛があらためて要請されたことを受け、同署においても新型コロナウィルス感染防止のため、来訪者などが集まる場所において、外出の自粛を求める呼び掛けを行っている。

21日、管内を走行した移動交番車は電光掲示板に「外出の自粛をお願いします」と表示しながら道の駅保田小学校へ。

保田小学校では駐車場内に移動交番を開設し来訪者らに外出自粛の協力を求めた。

2020/4/23 房日新聞より抜粋

地域への感染防止

IMG_20200424_0001沖ノ島など あすから5カ所を閉鎖へ 館山

新型コロナウィルス感染拡大防止対策で館山市は21日、沖ノ島、高ノ島公園、城山公園駐車場、市が管理する八幡、新井の海岸駐車場の5か所を、あす24日から閉鎖すると発表した。期間は緊急事態宣言が解除されるまで。

緊急事態宣言が全国に拡大されているにもかかわらず、地域外からの来訪者が依然として多いことから、大型連休を前に閉鎖することを決めた。

沖ノ島、高ノ島公園は、高ノ島ゲート部分で市道通行止めとする。新井海岸駐車場は渚の駅側半分を閉鎖する。県が管理する施設では、相浜海岸駐車場ではすでに閉鎖、那古海岸、北条海岸駐車場では県で対応を検討しているという。

金丸謙一市長は、「緊急事態宣言が全国に拡大されたことなどを踏まえ、市民の皆さまへの感染拡大防止の取り組みとして決定した。皆様には大変なご不便をおかけいたしますが、引き続きご理解ご協力をお願いします。」とコメントしている。

 

2020/4/23 房日新聞より抜粋

自然災害に備え

県損保代理業安房支部 市民向け保険講座に46人 館山

千葉県損害保険代理業協会安房支部(辰野方哉支部長)主催の保険説明会が8日、館山市コミュニティセンターで開かれた。昨年の台風被害を受けて保険の在り方を学ぶ機会として企画され、地域住民46人が参加して、講師の話に耳を傾けた。

第一部の講師は、東京海上日動火災保険の木更津支社長、井上秀雄氏。「自然災害等の保険について」をテーマに、近年多発する災害に対して建物や家財を補償する保険の在り方を説明し、「加入している保険の内容確認を」と呼びかけた。

第二部は、あいおいニッセイ同和損害保険千葉火災新種サービスセンターの小林司氏が「被災後の保険金請求の実務」について解説。風害、水害、地震など自然災害のポイントをまとめ、注意点や保険金支払いまでの流れを伝えた。

参加した人は、「保険会社によりそれぞれ特徴があることがわかった」「地震保険に火災保険の100%の額を設定できる保険もあると知られてよかった」などと感想を述べていた。